2015年4月3日金曜日

Canal Bar


実家の島に還るときは、隅田川から分岐する運河沿いを歩いて心を遊ばせる。深夜まで水面に揺らぐのは街のライト。LEDを主とする光の色合いがよいかどうかは別にして、都会の風情が水に溶けあう。しかし、その情趣を活かしたバーが皆無なのが不思議。外国だったら、これほどの雰囲気をもつ場にいちはやく酒を愉しめる空間ができるはず。と、残念に感じつつ、コンビニでビールとつまみを買い、水辺のベンチでのひとり呑みも案外悪くない。近くには評判の焼き鳥屋もあるし。そうだ、友人の写真家が横浜の運河に浮かぶ舟のなかでひそかにバーを開いている男がいるって、ずいぶん前に言っていたなぁ。その後の行方を調べてみよう。

LEICA M-E SUMMILUX50mm