2020年7月12日日曜日

日没の斜光



豪雨が降ったり止んだり、荒れた風が雲をもの凄い速さで運んだり。今年の異様な梅雨は初めての遭遇かもしれない。日没間際になると、眩い斜光が差す傾向が強い。風雨で浄化された空気を貫く光は強く、陰翳の差が激しく、普段以上に劇的。



雨の憂鬱さを忘却させるフィナーレ。ほんのひととき玄関先のオブジェを照らし出す光を見つめて眼も心も連日奪われている。

SIGMA DP3 MERRILL75mm / f2.8

2020年7月11日土曜日

大船のカーメル



昼下がりのビールと餃子に深く満ち足りて、どこか喫茶店でコーヒー飲みたいね、とドライバーの妻。80年代スタイルの店が大船にはきっとあるんじゃない?と眼を泳がせたら、なんと駐車場の正面で手招きしていた。



気怠いジャズが流れる「カーメル」。インテリアも、妙齢のママも、水出しコーヒーの器具もただならぬ雰囲気。



喫煙OKだけど、たまたま他に客が居なかったこともあり、とても和めたし、水出しコーヒーのアイスも美味しかったー。佳い一軒にまた会えた。まずはファーストコンタクト。徐々に距離を縮めていこう。

SIGMA DP3 MERRILL75mm / f2.8

2020年7月10日金曜日

大船で昼ビール



たまに葉山一色の家から海岸線を40分ほどドライブ。目指すは大船。このほど良い遠出感が気楽。




いつも停める駅近の駐車場に、昔のシネマに登場しそうな豪奢な英国車が並んでいて見入る。ここはかつて撮影所のある街だった。



いつものルミネ大船内の中国料理店「千里」でまずは喉を潤す。生ビールが肉体労働をした身体に沁みる。最高!




ほろ酔いで麺と餃子を堪能。美味い。



寅さんの寅屋スタジオセットが大船に据えられていたことを思い起こしながら「太子堂」で草団子、みたらしを買って帰る。本当は北鎌倉の「松花堂」で『あがり羊羹』を食べたかったが、生憎の定休日。また、今度。

SIGMA DP3 MERRILL75mm / f2.8




2020年7月9日木曜日

田んぼとターメリックライス



水曜はSHO FARMで田んぼ部の活動日。瞬く間に繁った稲まわりの雑草をみんなで取る。この作業も人手がたくさん必要。



伸びてますます雑草の姿が稲に同化してきて、どれを抜けばよいのか戸惑う。次回は見分けかたの基本を把握して、きちんとやらなくては。しかし、田んぼの泥は触れているだけで心身が深く安まる。なんだろう、あの心地よさは。海水のように、成分が働きかけてくるのだろう。



お昼のまかないはターメリックライスとカレー、畑野菜のサラダwithホーリーバジル。ターメリックが米の甘さを引き出し、美味し過ぎてまた大盛りおかわり。家でも炊いてみたいから、スタッフの田中マホさんにレシピを聞く。

米3合に対してターメリックを小さじ1杯半。炊く際に少々の油と一緒に投入。油との相性が良いのだそう、と備忘録。

SIGMA DP3 MERRILL 75mm / f2.8

2020年7月8日水曜日

4:00AM



平日は朝4時に家を出て横須賀のパルシステム物流センターに向かう。通勤路はまだ暗い。そんななか暖色の灯が眼に入ると、少し心がなごむ。



上はライカで、下はiPhoneでクロスカブにまたがりながらスナップ。シャッタースピードは数秒のスローシャッターなのに、最新iPhoneのナイトモードはブレることなく、肉眼以上に景観を明るく写し出す。呆れるくらいの高性能。とはいえ情緒は無く、魅力は感じないけれど、仕事の記録用としては最上のツールですねぇ。

LEICA M-E , 7ARTIZANS28mm / f1.4
iPhone11PRO 


2020年7月7日火曜日

外溝妄想



自分の家を建てて10数年が経過したけれど、隣家との境にきちんと塀を設けられていない。最初は自身で竹垣を編み組みしたけれど、棕櫚縄結びに大苦労。真竹が朽ち果ててからは、竹の伐り出しを含めてやり直す気が起きない。




かといって職人に頼む費用も捻出できず、放置して現在にいたる。そもそも壁で目隠しする必要性を感じていないから重い腰はなかなか上がらず、葉山一色地域の素敵なエクステリアを眺め、いつかはと淡く妄想している(笑)。



風情ある竹垣や生け垣も佳いが、こうした簡素な塀も好き。



おっ、これは先日ホームセンターでキット販売されているのを見かけたなぁ。このざっくり感が魅力的。施工は自分でできそうだけど、けっこうな値段だったような。結局は費用の問題なのだ。塀はまだまだ後回しだけど、この夏、外溝を少し整えるつもり。後日報告できるかな。

LEICA M-E , MACRO ELMAR 90mm / f4
SIGMA DP3 MERRILL75mm / f2.8

2020年7月6日月曜日

自給天草



近所でところ天(葉山は寒天ではない)の素材となる天草の天日干しシーンに遭遇。凄いなぁ、この量。波打ち際を丹念にに探してもこれほどは拾えない。どうやって集めたんだろう。漁業者のみ知り、採る資格がある秘密の岩礁があるのだろう。葉山一色の自給レベルはかなりのもの。住民として誇らしい気持ちになる。

SIGMA DP3 MERRILL75mm / f2.8