2018年2月23日金曜日

月曜の夜、カタヤキソバが食べたくなって


instagramを観ていたら、四ツ谷にある中国料理店での投稿写真にゴクリと喉が鳴る。カタヤキソバと思われる一品。佇まいがとても旨そうで、食べたくてたまらなくなる。


月曜の夜にそんな衝動に駆られても、葉山では適当な店が思い浮かばない。おじさん・おばさんの町中華は定休日だし、あの店は高級すぎるし、あの店は予約がどうだこうだと面倒だ。結局、いつものように車で約30分、横須賀中央の「雪園」に駆けこんだ。期待以上の深い満足感に浸りつつ、この店のいつも開いている確実性と安定のおいしさに深謝!

SIGMA DP3 MERRILL 75mm




2018年2月22日木曜日

ヨコハマのセンス


所要で平日の午後、横浜みなとみらいに行く。この港町は晴れた日の斜光で、情緒がいっそうと引き立ってくる。ぼんやり考えごとしながらの散歩には絶好の都会地。ライトアップの器具ひとつとっても洗練の美が宿る。器具の白とグレイが石と水に調和している。


古き佳きものが景観資産として残り、活用される。正しく健全な街の姿。


ベイスターズは日本の球団で唯一、正視に耐えるユニフォーム、ロゴ、色使い。青に染まる関内駅ではセンスの裏付けを確認できる。横浜のチームはこうでなくてはいけない。

LEICA M-E , SUMMILUX50mm ASPH.

2018年2月21日水曜日

オグリさんのzine


鎌倉で古書店「ウサギノフクシュウ」を営んでいたオグリさんからzineを受け取る。店で扱った本をめぐる映画のようで本当の話。本のタイトルにつながる愉快なオグリさんの体験に心温まる。登場する17冊のうち1、2冊目と5冊目は誰かに読み継いでもらおうと、ぼくが持ちこみ、オグリさんに買い取ってもらった本。


『Plates and Dishes』は葉山「sunshine+cloud」のレストハウスで手に取った写真集。オーナーの高須さんがお気に入りの本を数冊だけ、庭に面した部屋にさりげなく置いていた。コーヒーを呑み、リラックスして読むのに最適な、洗練された洋書ばかりだった。その選択にぼくは強く惹かれた。当時、厨房を託されていた「LONG TRACK FOODS」の馬詰佳香さんが「それなかなか佳い本ですよ」と表紙のウェイトレスのような、自然体の笑顔で勧めてくれた。interplantsの野口さんが手がけたインテリア、西海岸帰りの高須さんのセンス。そして馬詰さんのフード。あのときのレストハウスは幸福の中心に自分が居ると信じられる空間だったと、淡くせつない想いで胸がいっぱいになる。


『The New Brooklyn Cook Book』はマンハッタンを取材した際、ローワーイーストサイド区画からイーストリバーを渡り、歩いて行ったブルックリン・ウィリアムズバーグの「MAST BROTHERS」店内で見かけたレストランガイド。倉庫のような空間を徹底した美意識をもって活用した超人気のチョコレート店。最高にクールな女性スタッフに店内の撮影を打診すると「もちろん、ありがとう!」と、マンハッタン側でもたびたび耳にした、余裕の大人対応に、ニューヨーカーはなんて格好いいんだと痺れた。クールだけど、やさしい。ぼくのニューヨークへの好印象は心にずっと留まっている。


『ALEXANDER CALDER AND HIS MAGICAL MOBILES』はどこで入手したのか記憶にない。イームズをはじめ、ミッドセンチュリーモダンに夢中だったころに、たぶん買ったのだろう。数年前ボストンのMITキャンパスを訪ねたとき、大学の敷地内に鎮座する、カルダーの巨大な彫刻作品を目にしたら、次の取材予定が詰まっているというのに時を忘れて見惚れた。そんなふうに、熱しやすく冷めやすい自身の嗜好・興味を象徴する一冊に南伊豆に暮らすフランス人が目を留めてくれたことが嬉しい。さまざまな人の心を旅する本。

SIGMA DP3 MERRILL 75mm

2018年2月20日火曜日

土曜夜のBEACH MUFFIN


自宅の室内はほのかな灯を間接的に用いて照らしている。白人のように眩い光に眼が弱いわけではなく、気取っているわけでもない。暗がりと、陰影がやわらかな光に心が安らぐからだ。そんな安らぎの光を外に求めても限りなく選択肢が狭まる。


逗子「BEACH MUFFIN」は自分には完璧と感じる照明で空間に情緒をもたらす一軒だ。建物の風情と静かな灯りが見事に調和している。


土間で靴を履いてくつろぐのは、自宅と同じだが、劇的さに差がある。キャンドルを用いて、室内全体の照度をここまで下げれば、その差は縮まるのかもしれない。


心鎮まりながら、ヨロッコビールを呑む。


この光を愛でに、また呑みに行きたい。

SIGMA DP3 MERRILL 75mm


2018年2月19日月曜日

メンツィーカンの茶


チベット医学の大学病院「メンツィーカン Men-Tsee-Khang」のオリジナルティーが体にやさしく効く。公式サイトから購入できるが、曙橋の「タシデレ」でも適正な値段で入手することができる。


選んだのは、のどの腫れや痛みをやわらげるハーブ草を調合した「GARDEN TEA」。ふだんはコーヒーばかり呑んでいるが、体調の悪いときは、この茶の効能にすがる。呑むと、喉をはじめ全身に安らぎがもたらされる。万年睡眠不足の自分が、すーっと深い眠りに落ちることができる。野山に生える薬草から薬をつくるというチベット医学。その超自然療法におのずと関心をもち、ちょっと学んでみたいという意欲が湧く。

SIGMA DP3 MERRILL 75mm

2018年2月18日日曜日

チベットに魅せられて


工藝、映画、食べ物、祈り、牧畜・遊牧民の暮らし。チベットにどんどん魅了されている。曙橋「タシデレ」のロサン&奈津子さんに出会って、文化の奥を知りたくなった。政治問題には腰が引ける僕のような軟弱者でも、寛容に受け入れ、望めば深いところへと導いてくれる。チベット情報のステイション「タシデレ」の魅力をよく伝えたいと取材・制作したブログ記事が公開された。読者のひとりでもよいから、「タシデレ」を通じてチベット文化に触れてもらえたらと願っている。

SIGMA DP3 MERRILL 75mm


2018年2月17日土曜日

人生初


ひどい風邪にかかり、平日に休む。日常の疲労が蓄積したのだろうか。夜に予定していた取材も中止に。病を理由に約束を守れなかったのは人生初。落胆しつつ、葉山で保養。

SIGMA DP3 MERRILL 75mm