2015年12月16日水曜日

本の話


火曜の夜はSHIBUYA BOOKSELLERSで催された編集者・岡本仁さんのトークイヴェントに参加。活版印刷で発売される「続・果てしのない本の話」(パピエルラボ)に関連し、岡本さんが自身の「本との付き合い方」を話されたのでした。読書遍歴と本心で語る本の読み方と買い方。日本の書き手のなかで、もっともするすると頭に入ってくると個人的に感じる岡本さんの文章。その文体と同じく、自然体の話しように共感でき、何度もうなずきます。とりわけ、少部数出版のメリット、幅広い好奇心をブログやインスタなどで綴った後、コストを落とさず(オンデマンドではない)印刷物としてかたちにする意義、来年2月に復刊される雑誌「relax」へのかかわりには身を乗り出して聞き入りました。先日まで取材していたロサンゼルスで知人から推奨された本の情報も。旅先では荷物になるから、あえて求めず帰国後に購入しようとしたら、日本では(現在のところ)入手がかなわないと知り後悔したという本。その1冊、シスターコリータの「Corita Kent and the Language of Pop」はamazon usaが32%OFFで販売。日本への送料も1,000円ほどで済むことをインスタで伝えたいなぁ。

LEICA M-E , SUMMILUX50mmASPH.